文字サイズの変更
小
中
大

形成術

形成術は、高度な医療技術を必要とする治療で、気になる傷痕・ヤケド痕・刺青などの綺麗な治療を追求しています。

形成術

気になる傷痕・ヤケド痕・刺青除去などの綺麗な治療を追求しています。
高い医療技術を必要とする治療で、高崎中央クリニックでご要望の多い治療のひとつです。

傷痕の修正は、形成外科治療として基本治療であるとともに、最も高度な医療技術を必要とする治療です。
高崎中央クリニック中村院長は、日本形成外科学会認定形成外科専門医でもあります。
都内大手病院に形成外科医長として長年の勤務経験があり、高度な医療技術を追求していることから、傷痕修正の治療のために遠方からの患者様にもご来院いただいております。

ただ、ご理解いただきたいのは、高い医療技術をもってしても、この治療の目的は傷を消し去ることではありません。

現在の医学技術では、一度怪我やヤケドにより瘢痕(傷痕)ができてしまった場合や手術の際の傷跡も同様、残念ながらこれを完全に無くしたり、消し去ることはできないのです。

できうる限り、目立たなく「置き換える」「作り変える」ことで負担を軽くしていきます。
その点で高崎中央クリニックでは、保険医療では対応できない見た目の治療について、高いご満足度とご信頼を頂いております。

熱傷(ヤケド)痕治療

ヤケド痕というものは面として存在する傷痕であり、ケロイド状に赤く盛り上がったり、色素異常を伴い、消しゴムで消したように元通りの肌に戻す事は困難です。
醜く残ってしまったヤケド痕を、目立たない状態に作り替えるのが「ヤケド痕治療」になります。

ヤケド痕は、そのヤケドを負った部位、面積や熱傷の深さ等によって程度が変わり、治療法も異なります。
例えば、腕のタバコの焼け痕や小さなヤケドであれば、「縫縮(ほうしゅく)」という方法で治療する事が可能です。
小さなヤケド痕なら、基本的に円形状に出来る事が多いので、縫縮では、紡錘形(アーモンド型)にヤケド部を切除し、中縫い、表縫いを細かく行います。
そうして1本の線状に置き換えることで、出来るだけ目立たなくさせる事が可能です。
ただ、線状痕も方向や部位によって幅が出ますので、経験と豊富な症例に基づいた、術前の慎重な診察が必要になります。

しかし、顔面などの非常に限られた部位(例えば、鼻の下と唇の間等)の場合、上記の「縫縮」という方法で治療をすると皮膚が引っ張られたような状態、つまり「引きつれ」が起きる可能性があります。
その際には「皮弁(ひべん)」という方法で、皮膚をスライドさせ皮膚移植をご提案する場合もあります。
それ以外でも、引きつれが目立つ場合には、Z形成術と呼ばれる特殊な方法が有効な場合もあります。

また、非常に大きなヤケドの場合(例えば肩一面等)は皮膚移植を行います。
「パジェット」という特殊器具を用い臀部から薄い皮膚を、または鼠径部(内腿の付け根)から全層皮膚を取り、皮膚欠損部に丁寧に貼り付け、圧迫固定を行います。
これは広範囲のケロイドや引きつれのある場合に有効です。

外科手術が有効でないと考えられる場合には、ステロイド局注、圧拍、内服などの保存的治療を行う場合もあります。

このように、ヤケド痕治療というものはその部位、症状、範囲によって治療法も異なります。それを適確に診断して、治療することが重要です。
高崎中央クリニックの中村院長は形成外科の認定医でもありますので、まずは1度ご相談下さい。

ヤケド痕治療(顔)

症例写真1:before → after

ヤケド痕治療(手)

症例写真2:before → after

刺青(入れ墨)除去

まず、刺青は真皮内に色素粒子が面として存在し永久的に残ります。
残ってしまった刺青部を刺青が分からない傷跡の状態に作り替えるのが「刺青の除去治療」なのです。

刺青を入れた部位、面積や色素の入っている深さ等によって治療法が異なります。
例えば、腕などの文字や紋様などの小さなものであれば、「縫縮(ほうしゅく)」という方法で治療することが可能です。
縫縮では、紡錘形(アーモンド型)に刺青を切除し、中縫い、表縫いを細かく行います。
そうして1本の線状に置き換えることで、出来るだけ目立たなくさせる事が可能です。
これですと、短期間で完全に刺青を無くす事ができます。 また、縫縮が不可能な場合は「皮弁(ひべん)」という方法で、作り直す事も考慮します。

また、縫縮が不可能な場合は「皮弁(ひべん)」という方法での治療を行うこともあります。

非常に大きな面積の刺青の場合(例えば肩一面等)は「皮面形成術」または「皮膚移植」を行う場合もあります。
その大きい範囲の治療に適している皮面形成術では、”削皮術”と”レーザー治療”があります。
レーザーでの治療は、光エネルギーで色素粒子を細かく破壊し、貧食細胞に食べさせる方法です。
回数が必要になり、刺青の紋様の通りに照射痕が残ったり、色素が残る傾向があり、まだ治療としてまだ未完成の部分があります。

削皮術は一定の層で皮膚を削る方法です。
これはヤケドの痕を作り、刺青を無くす方法です。
しかし色素が一定の深さに入っている場合はとても有効なのですが、部分的に墨が深い場所はケロイド状になる可能性があり、上皮化に長期間を要する場合もあります。

そこで有効なのが、皮膚移植術です。 「パジェット」という特殊器具を用い臀部から薄い皮膚を、または鼠径部(内腿の付け根)から全層皮膚を取り、皮膚欠損部に丁寧に貼り付け、圧迫固定を行います。 これは広範囲の刺青を短期間で治療する場合に有効です。

このように、刺青除去治療というものはその部位、症状、範囲によって治療法も異なります。 それを適確に診断して、治療することが重要です。
高崎中央クリニックの中村院長は形成外科の認定医でもありますので、まずは1度ご相談下さい。

縫縮(ほうしゅく)による刺青除去
(上腕部)

症例写真1:before → after

縫縮(ほうしゅく)による刺青除去
(前腕部)

症例写真2:before → after

耳介血腫(柔道耳・餃子耳・カリフラワー耳)

周囲の視線が気になる、変形してしまった耳を元に戻したい、とお悩みの方、37年以上の症例数と治療実績のある形成外科認定医の中村院長が魅力的な耳に整えます。

耳介血腫とは、耳への強い摩擦や圧迫による刺激が繰り返され、軟骨膜の小血管が破れて出血し、耳介が腫瘤状に硬く変形することです。
格闘技・相撲・柔道・レスリング・ラグビーなどのスポーツ選手によく見られ、柔道耳、餃子耳、カリフラワー耳とも呼ばれます。

耳の状態にもよりますが、変形した耳の前面もしくは後面を数センチ切開し、軟骨と血腫を取り除きます。
切開する部位は最小限ですので、術後の傷跡はほとんど目立ちません。手術時間は片耳およそ30分ほどで終了します。

「恥ずかしくて髪の毛でいつも耳を隠している・・・」「学生時代は勲章だったけど、卒業してからは人目が気になる・・・」など、”柔道耳”でお悩みの方、耳の形成手術には、テクニックと経験が必要です。
当院の中村院長は形成外科の認定医でもありますので、安心してお任せ下さい。

施術イメージ

耳介血腫イラスト

こんなお悩みの方に

  • 入れた刺青(入れ墨)を消したい
  • 昔のヤケド痕(跡)のせいか第一印象が良くない
  • 事故などの瘢痕(傷跡)が目立つ
  • 耳の形のせいで周囲から変な目で見られる

施術の流れ

施術STEP1

カウンセリングでご要望をお聞きし、患者様のご要望によっては、複合的な治療のご提案いたします。治療の改善の度合いや部位など、出来上がりをシミュレーションします

施術STEP2

症状に最適な治療を行います。部位や症状、範囲によって治療内容は異なります。

施術STEP3

抜糸が必要な際には、術後にご来院いただきます。また、内容によっては数回に渡る治療や手術が必要な場合もございます。

施術終了
  • 術後の注意点など、詳細は手術時にスタッフ・医師よりご説明させていただきます。

※腫れや内出血の出方には、個人差がございます。

↑ページ上部へ

高崎中央クリニック

◆携帯・PHSからもお気軽にどうぞ

0120-360-830

完全予約制 AM9:30~PM8:00 年中無休

「直接電話しにくい…」「時間がない」そんな人のために、24時間受付中!

無料メール相談

ご予約フォーム