文字サイズの変更
小
中
大

形成術

形成術は、高度な医療技術を必要とする治療で、気になる傷痕・ヤケド痕・刺青など、綺麗な治療を追求しています。

形成術 – 瘢痕(傷跡)治療

気になる傷痕・ヤケド痕・刺青除去などの綺麗な治療を追求しています。
高い医療技術を必要とする治療で、高崎中央クリニックでご要望の多い治療のひとつです。

傷痕の修正は、形成外科治療として基本治療であるとともに、最も高度な医療技術を必要とする治療です。
高崎中央クリニック中村院長は、日本形成外科学会認定形成外科専門医でもあります。
都内大手病院に形成外科医長として、長年の勤務経験があり、高度な医療技術を追求していることから、傷痕修正の治療のために遠方からの患者様にもご来院いただいております。

ただ、ご理解いただきたいのは、高い医療技術をもってしても、この治療の目的は傷を消し去ることではありません。

現在の医学技術では、一度怪我やヤケドにより瘢痕(傷痕)ができてしまった場合や手術の際の傷跡も同様、残念ながらこれを完全に無くしたり、消し去ることはできないのです。

できうる限り、目立たなく「置き換える」「作り変える」ことで負担を軽くしていきます。
その点で高崎中央クリニックでは、保険医療では対応できない見た目の治療について、高いご満足度とご信頼を頂いております。

リストカット跡/自傷跡

過去に自傷をしてしまい、リストカット(アームカット)の跡が消えなくて困っている方、最適な治療法を選択することで、目立たなく作り変えることが可能です。

過去を思い出して辛い、人目が気になって1年中長袖しか着れない・・・などとお悩みの方、あきらめないで下さい。傷跡は治療することで目立たなくさせることが出来ます。

傷跡の残った皮膚を切除して周りの皮膚を縫合する「縫縮(ほうしゅく)」により、傷跡を目立たなくさせます。リストカット(アームカット)による複数の傷跡を、怪我の傷跡のように見せることが可能です。

「縫縮(ほうしゅく)」は、術前の適確な診察が不可欠であり、高度な技術と豊富な経験が必要とされる治療です。
高崎中央クリニックの中村院長は形成外科の認定医でもありますので、まずは1度ご相談下さい。

施術イメージ

施術例

たばこ跡(根性焼き)

遊び半分で根性焼きをしてしまった、事故によるたばこ跡が気になっている方、高度な形成技術を追求する当院院長が、傷跡を目立たなくさせる治療をご提案します。

一時の勢いでやってしまった根性焼きやたばこ跡は、傷跡が膨らんだり色が変わっていたりすると、目立ってしまいます。
就職や結婚、日常の生活の色々な場面で不利になってしまう事があったり、傷跡を見ると落ち込んでしまう・・・という方も少なくないかと思います。

当院では、「縫縮(ほうしゅく)」という方法で治療する事が可能です。
傷跡の残った皮膚を切除して周りの皮膚を縫合し、傷跡を1本の線状に置き換えることで、出来るだけ目立たなくさせる事が可能です。たばこ跡とはわからないようになるので、人目を気にせずに生活することが出来るようになります。

ただ、線状痕も方向や部位によって幅が出ますので、ジグザグに作る方法など、瘢痕治療はその部位、症状、範囲によって治療法も異なります。術前の適確な診察が不可欠であり、高度な技術と豊富な経験が必要とされる治療です。
高崎中央クリニックの中村院長は形成外科の認定医でもありますので、まずは1度ご相談下さい。

施術イメージ

施術イメージ

ピアスの耳裂け

ピアスの穴が裂けてしまって目立つ、新しいピアスがつけられない、とお悩みの方、当院ならば、傷跡を目立たないように元通りの耳たぶを再現します。

ピアス穴が裂けてしまう原因は大きく分けて2つあります。
1つはピアスに強い力がかかって、一気に引きちぎられてしまった場合、もう一つはゆっくりピアス穴が裂けてしまう場合です。
これはピアスが重すぎて負荷がかかりすぎているか、体質でピアスを異物として排除しようと、ピアス穴が徐々に外側へ広がってしまう事が原因です。ゆっくりピアス穴が裂けてしまった場合、出血がないためにそのまま放置してしまう方もいらっしゃいますが、変形跡が残ってしまったり、裂け目が広がり余計に目立ってしまう場合があるので、放置せずに形成外科での治療をおすすめします。手術で元に戻せば、再びピアスをつけることも可能です。

ピアスの耳裂けは、縫合手術により治療します。
裂けてしまった傷を、耳たぶのラインに合わせて縫合します。つなげて縫い目を入れて縫合するので、術後の傷跡も目立ちません。

耳たぶの輪郭をきれいに再現するためには、テクニックと経験が必要です。当院では形成を得意としておりますので、安心してお任せ下さい。

施術イメージ

施術イメージ

蒙古斑(異所性蒙古斑)

大人になってもアザが消えずに残ってしまい恥ずかしい、目立つ場所にあって人目が気になる、とお悩みの方、当院ならば、37年以上の症例数・実績をもつ院長が患者様のお悩みに適切にお応えいたします。

アザの一種である蒙古斑はお尻や背中の下部にみられますが、大半は成長するにしたがって薄くなり、その後自然に消失します。
ただ、お尻など意外の箇所に蒙古斑が見られる場合もあり、これを「異所性蒙古斑」といいます。色の濃いものや異所性蒙古斑の場合、自然に消失することもありますが、大人になっても残ってしまう事があります。

衣服で隠れない箇所の蒙古斑や色の濃いものは、レーザー、もしくは切除により治療することで改善することができます。

「蒙古斑のせいで夏におしゃれができない、温泉などで恥ずかしい思いをしてしまう…」「肌を露出する可能性があることを考えると、友人と旅行にいけない…」など、残ってしまった蒙古斑でお悩みの方は、一度高崎中央クリニックにご相談下さい。

怪我(ケガ)の傷跡

予期せぬ事故や交通事故などで顔や身体に残ってしまった怪我の傷跡でお悩みの方、あきらめないでください。当院では、目立つ怪我の傷跡を出来るだけ目立たない傷跡に”作り変えて”、患者様のお悩みを軽減します。

「交通事故で負った怪我の傷跡が何年経っても消えない」「お皿を割ってしまった時に飛んだ破片でできた顔の傷跡が目立って、化粧でも隠せない…」など、怪我の傷跡でお悩みの方、形成外科専門医であり37年以上の症例数・実績を持つ高崎中央クリニックの中村院長が最適な治療法をご提案いたします。

例えば、怪我の傷跡の残った皮膚を切除して周りの皮膚を縫合する「縫縮(ほうしゅく)」により、傷痕を目立たなくさせて、怪我の傷痕のように見せることが可能です。
「人目に触れるのがこわくて、うまく人間関係を築けない・・・」など、怪我の傷跡が理由で前向きな気持ちになれない方、ぜひ1度高崎中央クリニックにご相談ください。

こんなお悩みの方に

  • 瘢痕(傷跡)が気になって半袖になれない
  • タバコのヤケド痕が気になる
  • もう一度ピアスのおしゃれを楽しみたい
  • 怪我の傷跡がコンプレックスで内向的になってしまった・・・

施術の流れ

施術STEP1

カウンセリングでご要望をお聞きし、患者様のご要望によっては、複合的な治療のご提案いたします。治療の改善の度合いや部位など、出来上がりをシミュレーションします

施術STEP2

症状に最適な治療を行います。部位や症状、範囲によって治療内容は異なります。

施術STEP3

抜糸が必要な際には、術後にご来院いただきます。また、内容によっては数回に渡る治療や手術が必要な場合もございます。

施術終了
  • 術後の注意点など、詳細は手術時にスタッフ・医師よりご説明させていただきます。

※腫れや内出血の出方には、個人差がございます。

↑ページ上部へ

高崎中央クリニック

◆携帯・PHSからもお気軽にどうぞ

0120-360-830

完全予約制 AM9:30~PM8:00 年中無休

「直接電話しにくい…」「時間がない」そんな人のために、24時間受付中!

無料メール相談

ご予約フォーム