文字サイズの変更
小
中
大

目元

顔の印象を左右する大切な要素である”目元”の治療は、
高崎中央クリニックでも人気の高い施術のひとつです。

目元 – 二重術

「二重にしたい」、「パッチリはっきりした眼にしたい」という二重まぶたの治療から、目の下のたるみやふくらみを取って若々しい印象を取り戻したい方まで、様々なご要望にお答えいたします。

眼瞼部(がんけんぶ)とはまぶたのことを指します。
眼瞼部(まぶた)の構造は、同じ人種である程度似通っています。しかし、個々の年齢や解剖学的特徴によって状態には、大きな差があります。

眼窩脂肪(がんかしぼう)の量、皮下組織や皮膚の厚さによる眼瞼部(まぶた)のふくらみ、上眼瞼皮膚のたるみ、前頭部のたるみによる眉毛の下垂、上眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の働き、モーコ襞(ひだ)のつれの程度、両眼視機能の異常、上眼瞼挙筋を支配する神経の異常連合など多くの要因が上眼瞼の形態に影響を与えています。

同じ顔の人がいないように眼瞼部(まぶた)の状態も個人により異なり、これが「個性」となっています。 そのため、一重の方でもその眼瞼部(まぶた)の状態によって、二重をご希望になる場合の最適な治療法が異なります。

二重まぶたの種類

似合う二重で、目を大きく見せる!

二重にはいくつか種類があります。経験豊富な院長がお1人お1人に似合う二重を見つけて、憧れのパッチリとした大きな目をナチュラルに実現します。

奥二重

図:奥二重

奥二重は、さりげなく目を大きく見せ、ナチュラルで愛らしい目元に。

末広型二重

図:末広型二重

末広型の二重は、最もナチュラルな二重として人気があります。

平行型二重(幅広)

図:平行型二重(幅広)

華やかな目元がお好みの方には、幅の広い平行型二重がおすすめです。

平行型二重(幅狭)

図:平行型二重(幅狭)

適度な華やかさながらも、ナチュラルに目を大きく見せる幅の狭い平行型二重も人気です。

パッチリ二重

図:パッチリ

目の高さを広げて黒目を多く見せることで、大きな目を作ることができます。

二重術-特別二重埋没法

埋没法は、一般的にプチ整形といわれ、メスを使わずに、短時間で二重にする治療法です。当院では経験豊富な院長による特別二重埋没法を採用しており、お1人お1人の目元に合ったパッチリとした二重を再現します。

眼瞼部(まぶた)がさほど厚くない人は、皮膚と瞼板の間に糸をかける当院の重瞼術「特別二重埋没法」により、きれいな二重を作ることが可能です。
多少眼瞼部(まぶた)の厚みがある方でも、糸を止める点数を、変えることで自然な二重を作ることができます。

メスを使わないため、傷跡が残らず、腫れも少ないので、他の方に気づかれることはほとんどありません。
通院の必要もなく、当日より洗顔やメイクが可能です。
また、後日、二重のラインを修正したくなった場合にも対応できます。

理想の二重のラインについて

二重にも大きく分けて、並行型と末広型の2種類があります。
平行型の方がどちらかというと華やかな印象の目元になります。

カウンセリングで、二重のラインやご要望のイメージなどを詳しくカウンセリングし、理想のラインをシミュレーションしながら、出来上がりのラインを決めてまいります。

図:特別二重埋没法

特別二重埋没法 二重

症例写真:before → after

特別二重埋没法 二重

症例写真:before → after

こんなお悩みの方に

  • 手軽に二重にしてみたい
  • 片方だけが二重なので、両方二重に揃えたい
  • 将来は元に戻したり、幅を変えたい

体験談

二重埋没で切らずにすっぴん二重に!

20代 Mさん

ずっと二重に憧れていたのですが、二重テープなどやメイクでごまかしていました。
社会人になって、友達と旅行時にメイクを落としたすっぴんの顔を見せるのがいやで、ネットで調べて昔からある高崎中央さんで埋没をしてもらうことにしました。
実際してみたら、とても快適だし、すっぴん顔も気にならないのでもっと早く二重にすれば良かったです。

良かったポイント

仕上りが綺麗で毎日のメイクも楽しくなりました!
自然な二重で周りの人にも気づかれずにパッチリ目に!

施術の流れ

施術STEP1

カウンセリングでご要望をお聞きし、目元の状態を見ながら、出来上がりの二重のラインのシミュレーションします。

施術STEP2

目元の手術は目を開けたり閉じたりして細かな調整をしながら進めるため、患者様の協力が必要となります。 なお、局所麻酔を施します。

施術STEP3

術後の腫張を少なくするため、冷湿布等でクールダウンの処置をします。

施術STEP4

眼瞼部(まぶた)の腫張や皮下出血による色の変化が多少残る場合もありますが、洗顔やメイクが可能です。

施術終了
  • 術後当日は、飲酒・入浴・激しい運動はお控えください。

※腫れや内出血の出方には、個人差がございます。

↑ページ上部へ

二重術-切開式

眼瞼部(まぶた)に脂肪の多い方や眼瞼部(まぶた)が厚い方には、切開式での二重治療が適しています。

眼瞼部(まぶた)に脂肪が多い方は「埋没式」で二重にしても脂肪が挟み込まれ、瞼板前が膨らむ為に眠たげな眼に見え、二重のライン上の膨隆が強調される事で不自然な形になる傾向があります。
また、脂肪の重さで埋没糸が外れやすく、埋没法で治療してもすぐ元に戻る方もいらっしゃいます。
過去に埋没式の手術を受けたが二重にならない場合や、不自然ですぐに一重に戻る場合はこのようなことが原因と考えられます。

切開式二重

症例写真:before → after

図:切開式 このような症例には「切開式」により余分な組織を「除去」する術式が望ましいと思われます。
また、埋没法よりくっきりした、たとえるなら外国人のような二重まぶたをご希望の場合にもこちらの治療が適している場合があります。

また、目の開きにくい(眼瞼下垂がんけんかすい)の方は、合わせて挙筋の働きを改善する手術も必要となります。

切開式では、希望する二重のラインに沿って皮膚を切開し、その切開部分から余分な脂肪や組織などを除去しながら二重のラインを作っていきます。

こんなお悩みの方に

  • 以前他院で埋没法を試したが元に戻ってしまった
  • 幅のある二重にしたいが、眼瞼部(まぶた)がとても厚い
  • 外国人のようなくっきり、はっきりした二重を希望している

施術の流れ

施術STEP1

カウンセリングでご要望をお聞きし、目元の状態を見ながら、出来上がりの二重のラインのシミュレーションします。

施術STEP2

目元の手術は目を開けたり閉じたりして細かな調整をしながら進めるため、患者様の協力が必要となり局所麻酔下で行います。

施術STEP3

術後の腫張を少なくするため、冷湿布等でクールダウンの処置をします。

施術STEP4

術後、抜糸のため、通院いただきます。
眼瞼部(まぶた)の腫張や皮下出血による色の変化が多少残る場合もありますが、洗顔やメイクが可能です。一般的に瘢痕の完成は6ヶ月といわれてはいますが、眼瞼部(まぶた)は比較的早くに目立たなくなります。

施術終了
  • 術後当日は、飲酒・入浴・激しい運動はお控えください。
  • 術後、抜糸のために通院が必要となります。

※腫れや内出血の出方には、個人差がございます。

↑ページ上部へ

高崎中央クリニック

◆携帯・PHSからもお気軽にどうぞ

0120-360-830

完全予約制 AM9:30~PM8:00 年中無休

「直接電話しにくい…」「時間がない」そんな人のために、24時間受付中!

無料メール相談

ご予約フォーム