文字サイズの変更
小
中
大

お悩み別Q&A

よくご相談があるお悩みについてQ&A形式でご紹介いたします。
参考になさって下さい。

お悩み別Q&A

これまでに当院に寄せられた相談内容やご質問の一例です。
その他のご質問はお電話、または無料メール相談にてお気軽にお問い合わせください。
プライバシーは厳守いたします。

Q. 子供を出産して、40代後半になってから膣のしまりがゆるくなりました。そのせいか感じにくくなっている気がします。
誰にも相談できないし・・女性として不安感つのっています。
今後の夫婦仲も心配です。
アンサー: 女性の膣は出産や筋肉の老化により広がってしまうことがあります。
そういったお悩みに最適なのが膣縮小の治療です。
1時間程度の治療で、とける糸を用いると抜糸のための通院も必要ございません。
手術痕もまったくわからなくなります。
デリケートなお悩みでご相談しにくいお気持ちがあるかとは思いますが、とてもご相談の多いお悩みでもあります。
改善の可能性も非常に高く、治療を終えた患者様で「もっと早く受ければよかった」とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。

当院では患者様のプライバシーも厳守しておりますので、安心して婦人科形成のお悩みもご相談下さい。

高崎中央クリニック スタッフ

Q. 自分の女性器について悩んでいます。
左側のひだが右よりだいぶ大きくて、自転車に乗っていると擦れて痛いほどです。
見た目も気になります。友人にも相談しようにも、恥ずかしくて言い出せません。仕事で多忙なこともあり、週末を利用して治療したいと思っていますが、月曜から仕事をすることはできますか?治療の際は家族に知られないようにしたいので、入院は避けたいです。
アンサー: 小陰唇が大きすぎると、下着にこすれて痛みを感じたり、自転車に乗ったりといった長時間のスポーツをする時などに不快感が起きることがあります。 左右差の調整は“小陰唇縮小“という形成手術により可能です。 局所麻酔により痛みを感…

他にも以下のようなご質問をいただいております。

↑ページ上部へ

高崎中央クリニック

◆携帯・PHSからもお気軽にどうぞ

0120-360-830

完全予約制 AM9:30~PM8:00 年中無休

「直接電話しにくい…」「時間がない」そんな人のために、24時間受付中!

無料メール相談

ご予約フォーム